直井メソッド 国語専門塾 個別指導 自由が丘 作文 中学受験 帰国生 内部進学

HOME > 個別指導コース

国語の学習で、こんなことに困っていませんか?

進学塾や学校の勉強について行くのが大変。
作文が苦手で、きちんとした文章が書けない。
漢字の書取りの点数が悪い。勉強してもすぐに忘れる。
言葉数が少なく、語彙も少ないのが心配。
本を読もうとしない。漫画しか読まない。
海外に居たので、英語は得意でも国語が苦手。

もし、こんな状況なら、勉強方法を変えた方が得策です!

基礎的な訓練を重ねることによって、国語力は充分伸ばせるからです。

必ず国語力が伸びるカリキュラムと教え方

contents03.jpg

 どんなに国語が得意な人でも、生まれつき国語ができたわけではありません。国語とは、「日本語の書き言葉の言語体系」。それを、母語(ぼご:考える時に使う言語)として、後天的に学んでいるのです。

 幼い頃の言葉の学習能力は、誰でも同じ。だったら、どの子もみんな、国語ができるはずなのです。 

 直井メソッド国語専門塾では、「国語が得意になる」学習過程を綿密に分析し、誰でもスムーズに国語力を身に付けられる方法を開発しました。国語を語学として科学的にとらえ、自然に身に付くやり方で教える。

 それが、直井メソッドの国語教育法です。

 

1.国語力診断 現在の国語力を測り、ぴったりのテキストと指導方法で教える。
2.マンツーマン授業 思考力を会話によってフルに引き出し、しっかり学習成果を出す。
3.構造読解法® テストの点が取れる読解法を練習する。
4.漢字記憶法 覚えるだけでなく、「使える」語彙として漢字を学ぶ。
5.読書指導 到達度別蔵書の貸出で、楽しみながら読書習慣をつけ、
教養としての読書ができるようにする。
6.表現作文 オリジナル教材「スターシート」を使って、表現力・思考力を
伸ばしながら、自然に作文力が身に付くようにする。
7.現代文暗唱 書き言葉の文法を「自然に使える言葉」として身に付ける。
8.母語教育法 新しく学ぶ言葉を、自分で使える言葉に変える。

※ それぞれの詳しい説明については、「無料体験・教育相談」でお尋ねください。

 これだけ専門的な方法で国語を教えていますが、当の生徒さん、学生さんたちは、「えっ、これが勉強なの?」と、とても楽しそうに取り組んでいます。国語がよくわかる。そして、いつの間にか国語ができるようになっている。そんな授業の進め方をしています。

こんな学習効果があります

受験や学校の勉強で困らなくなる。

 基本になるのは、国語力到達度7に育成するカリキュラムです。これは、中学受験~大学受験で合格できるレベルです。 そこから、受験指導と志望校対策に取り組むことで、効率的な受験勉強ができます。 子供たちの可能性を広げられます。

会話や作文で、意見を伝えるのが上手になる。

 表現作文の成果として、 引っ込み思案だったお子様が、名門小学校で作文を認められ、学校代表に選ばれたことがありました。 お母様も信じられないぐらいの変わり様です。
 でも、不思議ではありません。講師はお子様の話をしっかり聞きながら、表現のトレーニングをします。お子様は自分の考えを認めてもらえることで、どんどん自信がつきます。「子供だから」と話を聞いてもらえないのではなく、人格を尊重してもらえる環境が、ここにはあります。言葉の力は、心の力。明るく積極的な性格に変わります。

読書の世界に目覚める。

 「本を買ってあげても、興味を持たない本がある。本選びは難しい」と思ったことはありませんか?
 その原因は、お子様の国語力到達度と、それに合った本の選び方がわかっていないことにあります。教室の貸し出し用の本は、良書と面白い本を選りすぐった蔵書。到達度別に分類されていて、お子様に「ぴったりの本」を選ぶことができます。講師が勧める本を読むことで、読書のジャンルを広げることができます。

国語力ピラミッドで、お子様の国語力を大きく育てる。

 国語力は目に見えないもの。でも、もし、国語力が目に見えるとしたら、こんなピラミッド状のイメージです。一番下の土台は生活体験。その上に、いろいろな知識が積みあがって、伝える力につながっていきます。
【個別指導コース】では、この「国語力ピラミッド」をバランスよく育てるために、お子様の弱点を補いながら国語マスターカリキュラムを、調整して進めます。また、個別指導の強みを活かし、定期試験対策なども行って、あらゆる面から国語の理解度を上げて行きます。

【 国語力ピラミッド 】 言葉の学習方法と国語力アップのイメージ図

1. インプット → 2. アウトプット → 3. フィードバック が繰り返されることで、 ピラミッドがバランス良く大きくなり、高度な国語力が形成されていきます。 国語力の伸びは、「国語力到達度」によって客観的に知ることができます。

国語力ピラミッドに対応する教材・メソッド

   階層       学習目的    教材・メソッド
① 生活体験・日常会話 生活体験を、言語化することで、主体的に生活する習慣をつける。 授業を会話形式で進め、論理思考や表現を誘導する。
② 読書 書き言葉を、理解しながら、読み取れるようにする。 到達度別読書指導
③ 漢字・語彙の学習 漢字の熟語や単語を、自分のものとして使えるようにする。 意味記憶による熟語の学習
熟語の文法を理解する 図解「漢字キューブ」ドリル使用
④ 文法学習 文法を、自分のものとして使えるようにする。

テキスト音読・現代文暗唱
図解「文のきまり」使用

⑤ 読解 文の構成を、自分のものとして理解できるようにする。 「図解国語マスター」使用
⑥ スターシート 話したい内容を、言葉に置き換える。 「スターシート」の質問に答える。
⑦ 表現作文 話したい内容を、文法・文の構成に沿って会話で表現する。 スターシートに沿って、自分の考えたことを講師に伝える。


無理なく続けられる受講システム

宿題について

 お子様が自分で取り組めるよう、到達度に合った教材を使います。家でもきちんと取り組めるよう、講師が実際の取組み形式で指導します。ご家庭で保護者の方が教える必要はありません。
 宿題は、講師が毎回範囲を決め、日課を「宿題ポイント表」に記入してお渡しします。お子様が宿題に取り組んだら、自分でシールを貼って確認し、講師が取組み状況をチェックします。たまったポイントをごほうびの景品と交換することで、「こんなにやったんだ」という達成感が出てきます。

*** まずは「体験授業」をお申込みください ***

 直井メソッドの体験授業を受けると、より良い国語の勉強方法が、驚くほどよくわかります。これは、通常の国語の一斉授業などとは、まったく違う教え方です。そして、ここからが、国語力アップのスタート。
  早く始めれば、学校のテストは100点が当たり前になり、受験でも苦労しません。 遅くなるほど、学校や受験勉強のカリキュラムが先に進んでしまい、「追い付くため」の学習スタイルが長くなってしまいます。

マンツーマン授業のため、コマ数に限りがあります。
空きが無い場合は、お待ちいただくことになりますが、ご容赦ください。

著書のご紹介

 

マスコミ掲載履歴


2017年7月

業界誌「塾と教育」の特集「これから必要とされる国語力とはなにか?-思考力、判断力、表現力、読解力、記述力を養うために-」に、当塾の記事が掲載されました。

 

 

2012.05.19

「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

 

 

2012.03.20

朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

 

 

2010.06.17

「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

 

 

2008.05.15

TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

 

 

2008.05.15

産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

TOPに戻る