よくあるご質問/国語塾 直井メソッド国語アカデミー 国語専門塾 国語教室 中学受験 作文 個別指導 世田谷区 自由が丘 小学生

HOME > よくあるご質問

よくあるご質問 (指導について) 

「直井メソッド」は、これまでの教え方とどこが違うのですか。

「直井メソッド」は、代表直井の開発した国語教育法です。標準化された理論と方法に基づいています。同じ条件なら、誰が教えても誰に対しても同じ効果がでるのが「標準化」された教育法です。

一般的には「国語は母語だから自然に学習される」という考え方が支配的で、標準化された教育法は皆無に近い状況でした。国語力のレベルがバラバラの生徒さんに対して、画一的なカリキュラムが与えられ、上手に国語力が伸ばせなくても、仕方がないとされていました。

それに対し「直井メソッド」は、生徒さんの国語力のレベルを把握し、最適なカリキュラムと学習方法で教えるので、必ず国語力が伸びていきます。教育の現場から生み出され、効果の確認できた合理的な教育法です。

講師はどんな人ですか。

直井メソッドの研修を受け、認定を受けた講師です 。
講師の資質としては、言語能力、コミュニケーション力、人間性などの厳しい基準を満たしている必要があります。また、精神的な成長を遂げ、教育への責任と使命感を持てる人のみになります。
直井メソッドの認定講師は、こうした試験と研修を経て、生徒さんたちを教えています。

たくさん勉強しているのに、国語の成績が上がりません。効果がありますか。

たくさん勉強しても成績が上がらないのは、テキストが合っていないことと、効果的に読解法を教わっていないことが、主な原因です。
当塾では、国語力到達度を測定して最適のカリキュラムで進めるので、1日30分程度の宿題を続けることで、3か月目ぐらいから学習効果が現れることが多いです。到達度7になると、受験勉強にも、問題なく対応できるようになります。

※ 学習効果については、スタート時の年齢、到達度、宿題の取組み状況などにより、個人差がでます。1~2年で満足できる学習効果に達するケースが多数です。焦らず、お任せください。

週に1回の通塾で、効果があるのでしょうか。

家庭学習が無理なく自習できるように、生徒さんにあったカリキュラムを作り、 授業中に新しい学習内容を理解させるので、週1回でも高い学習効果があります。
受験で時間的に余裕のない場合などは、85分に時間を延長したり、週2回(月8回)に増やしたりして、受講される方もいます。

いろいろなお稽古で忙しいのですが、どのくらいの期間、通えば良いのでしょうか。

これまでの生徒さんの実績から、1~2年で学習目標に達することが多いことがわかりました。それを上回って3年以上通われている方は、「非常に国語が苦手」な状況が解消してから、さらに上を目指して上位校に合格されたり、進学先で成績上位に伸びて積極的な活動をしたりと、目覚ましく活躍されています。

特に低学年の読解・表現作文コースでは、語いや自由な発想、表現を鍛えるメニューが多くあり、テストの成績以上の教育効果が望まれます。大学教育改革やグローバル化の方向とも一致しています。受験目的だけでなく、お稽古の一つとして気長に通塾を続けることを推奨いたします。

よくあるご質問 (受講システムについて) 

受講料の他に、高額な教材費などはかかりませんか。

はい。教材費はオリジナル教材をご購入頂いております。
新しく版を起こしたり、著作権料が含まれているため、1冊が2000円程度とお安くはありませんが、
月平均では1000円程度のご負担となります。
その他、必要に応じて市販のテキストをご購入いただくこともあります。

講師の変更はできますか。

はい。マンツーマン指導では、なるべく同じ講師が教えるようにしていますが、変更は可能です。

急な予定の変更があった場合、振替はできますか。

マンツーマン授業のため、講師とのスケジュール調整が必要です。体調不良、急な学校行事などの場合、1時間前までに連絡をいただければ、振替に対応しています。ただし、あまり直前の場合や無断欠席の場合は、振替はできません。

興味はありますが、遠方のため、通学できるか心配です。

通塾時間は、片道1時間までが、継続できる目安です。
遠方の方は、通学時間に余裕を持たせるため、土曜日に授業を取る方が多いです。

受験を考えていませんが、国語を習わせたいと思います。指導していただけますか。

はい。マンツーマン指導のため、様々な年齢、目的に応じた対応も可能です。お問い合せください。

私立小内部進学の方も、多く受講されています。受験がないことで、読解と表現作文指導を併用して、総合的な国語力を身に付けることができるので、まさに理想的な学習スタイルが可能です。中学進学に際して、外部進学の生徒さんと差が付く心配もありません。

よくあるご質問 (中学受験コース)

集団塾に通っているのですが、併用して受講できますか。

中学受験では、約8割の生徒さんが集団塾と併用しています。
振替が出来るので、集団塾を休まないで通塾している方が多いです。
国語が上位で安定するために、集団塾に通わず、個別指導などとうまく組み合わせて、受験に臨まれるケースもよくあります。

基礎力や理解力が進めば、集団塾のテキストを使って読解練習が出来るようになり、学習効率がかえって上がるようになります。

SAPIXやグノーブルなどの難度の高いテキストにも対応できますか。

SAPIXの国語の基本テキストは、最上位の男子校の記述問題を想定して作られているため、標準的な読解法を教えるには3倍ぐらい長過ぎる構造になっています。
そのため、たくさん勉強しているにも関わらず、基本的な読解法が身に付いていないケースが多くみられます。
当塾で読解法や記述法を習ってからテキストを学習することで、学習効率が大幅に上がり、αクラスから落ちなくなった、国語の勉強で時間が取られず、理社などに時間がかけられるようになったという嬉しい感想をよく頂きます。

日能研や早稲田アカデミー、栄光、四谷大塚などのテキストにも対応できますか。

日能研の基本テキストやテストは、中堅校の問題を想定して作られているため、上位校以上の問題の解法練習には弱い一面があります。早稲田アカデミー、栄光、四谷大塚のテキストは、難関校の記述問題や難度の高い論説文には弱い面があります。
ほとんどの場合、解法練習の為にテキストが標準化されておらず、なぜその解答になるのか分かりづらい面も見られます。
当塾で読解法や記述法を習ってからテキストを学習することで、基本的な理解が高まり、消化不良の状態が解消して行きます。

小学生が難しい国語の勉強をやることは、役に立つのでしょうか。

「中学受験」という機会がないと、小学生が大人向け一般書を読むことは、まず、ありません。受験は大変ですが、そこを乗り越えて、このレベルの文章を小学生のうちに読めるようにすると、高度な国語力が一生使えることになります。
直井メソッドで学習カリキュラムを進めていけば、無理なく国語力が身に付き、高度な国語力で読み書きできる頭脳になるので、将来、大変役立ちます。

***まずは、無料体験授業・教育相談をお申込み下さい。***

直井メソッドのマンツーマン授業は、お子様の現在の国語力に合わせたオーダーメイド。講師との会話によって思考力が引き出され、「わかった!」「できる!」という自信を持っていただけます。授業の後、お子様からは「これが国語の勉強なの?楽しかった!」という感想をよく頂いております。そして、ここからが、国語力アップのスタート。
早く始めれば、学校のテストは100点が当たり前になり、受験でも苦労しません。 遅くなるほど、学校や受験勉強のカリキュラムが先に進んでしまい、「追い付くため」の学習スタイルが長くなってしまいます。

※ マンツーマン授業のため、コマ数に限りがあります。空きが無い場合は、お待ちいただくことになりますが、ご容赦ください。

著書のご紹介

 

マスコミ掲載履歴


2017年7月

業界誌「塾と教育」の特集「これから必要とされる国語力とはなにか?-思考力、判断力、表現力、読解力、記述力を養うために-」に、当塾の記事が掲載されました。

 

 

2012.05.19

「本物の作文力が身につく作文教室」(学研ムック)に、母+国語の記事が掲載されました。

 

 

2012.03.20

朝日小学生新聞「朝日おかあさん新聞」特別企画「子どもと作文」で作文の取り組み方についての記事が、掲載されました。

 

 

2010.06.17

「頭のいい子の育て方vol.12」(学研ムック)で、読解の勉強の仕方の記事が、4ページの誌面で紹介されました。

 

 

2008.05.15

TBS放送「ピンポン!」で紹介されました。

 

 

2008.05.15

産経新聞の記事「頭の中の頭の中整理整頓」に掲載されました。

TOPに戻る